うつになる、それは心から休めのサイン

 

うつになる、それは心から休めのサイン
仕事が原因になって鬱になること、最近ではそれほど珍しいことではなくなりましたが、15年ほど前は、「甘えだ」などと言われていることも多かったです。

 

とは言え、モラハラ、パワハラ、単なるいじめ、セクハラ、過労・・・実際にはメンタル面をおかしくすることがたくさん起こります。
そして、メンタルがおかしくなっているときは、体力面もおかしくなっているので、大体正常な判断ができなくなっているときが多いです。

 

うつになったら仕事はどうするべき?

問題です。
うつになった時、転職すべきか、耐えるべきか

 

答えはどちらもNOです。

 

休職しましょう。

 

うつになる、それは心から休めのサイン
立派な病気ですので、医師にかかって病気であるという診断書切ってもらって、しばらく休みましょう。
休業手当は出ます。休みですから。

 

その間、とにかく寝たり好きなもの食べたりして、とにかく寛ぎましょう。
それが治療です。
うつの方はそれはサボりではないかと考えがちですが、それが病人の仕事、治療なのです。

 

なぜ休むのが良いのか

なぜただ休めと言ったのか。
答えは簡単です。

 

最初に書いた通り、うつの症状が出ている方は判断力が低下していて、体力も低下しています。
そんな状況で転職活動なんてできるでしょうかまぁ難しいです。

 

うつになる、それは心から休めのサイン
なにせ、面接も職務経歴書もちゃんと書ける状態ではありません。
そして、転職先でいきなり働けるか、それは無理です。

 

なので、まずは勤務先の休業手当で休みましょう
患者さんは悪くありません。
企業は、病気とは言え戦力となる従業員を本来の給与より安い価格でキープできているのですから。

 

うつ病からげんきになったら

うつになる、それは心から休めのサイン
休業してある程度元気になったかなと思ったとき、勤務先の人事の担当者さんに会いましょう。
もちろん、その間、休養と精神科診察という病人としてのお仕事も忘れずに

 

そこで折り合いがつくかどうかで考えましょう。
例えば、嫌なことがあった部署などでは本来の能力は取り戻せないでしょうし、ケアがいることを認識したうえで新天地を人事担当者さんが用意してくれたら、儲けものです。
働くといいと思います。

 

もっとも、そういう恵まれたケースは少数ですが。
面接するころには体力も判断力も戻っているはずです。
そこで転職活動をしても遅くはありません。

 

結論としては、転職するかどうかは急がないでも耐えない

 

うつになる、それは心から休めのサイン

 

まずは自身のコンディションを優先して、回復したあたりで転職するかどうかを決めるのが適切だと思います。
ただ、うつになるほどダメージを受けている場合は、転職するべきである確率は高いです。

 

その辺は気心知れたご友人などの周囲の方、主治医の方、臨床心理士の方などとご相談のうえで判断されるのがよろしいかと考えております。